仏師瑞雲

仏師瑞雲の略歴

1953 鹿児島に生まれる。本名 瑞雲。
1970 出家する。
1970-1980 仏道修行と仏像彫刻、彩色、彫塑など幅広い研鑽と修行。
1981 各種仏像彫刻制作の 東洋仏所設立。仏師として独立。
1983 千葉県 法福寺 釈迦、多宝仏両坐像
1985 神奈川県 法隆院 宝珠大黒天 日蓮聖人坐像 鬼子母神像
1989 神奈川県 妙泉寺 毘沙門天像(極彩色) 秋山霊神坐像(極彩色)
1996 東京 観音教会 懺悔救霊聖観世音菩薩像(極彩色)
1999 宮城県 宝照寺 菅原道真公坐像
2006 岡山 三軌堂 天照大神坐像 妙見菩薩坐像他
2007 静岡 瑞林寺毘沙門堂 毘沙門天像 吉祥天像
2007 山形 法音寺 上杉謙信ゆかりの毘沙門天像など多数制作
1981-2016 仏師として全国各宗派寺院の本尊制作、修復。一般家庭の仏壇用仏像を制作。
1989-2016 東京、千葉のカルチャースクールに仏像彫刻教室を開いている。
1996 ニュ-ヨ-クにて個展(松田瑞雲展)。