七福神
仏像販売木彫

仏像ドットコム・東洋仏所仏像事典(写真画像付き)東洋仏所概要仏師瑞雲の略歴
[お問い合わせ][ お見積もり][ご注文][特定商取引法に基づく表記]

日本製総手彫り木彫仏像販売

テーマページのご案内
 サイトマップ
 仏像初詣ご利益検索
 商売繁盛、金運の神仏
 携帯木彫
 アート仏像米国個展作品
 アート仏像微笑仏
 仏師 瑞雲の製作風景
 お客様の声
仏像の知識  写真画像で学ぶ
仏像の質問回答集
仏像の話
姉妹サイト
ギャラリーとコミュニティー
仏像彫刻ワールド
仏師、瑞雲の法話
この法話は、宗教や宗派を越えて、人々が等しく真実の仏の教えに浴し、心の平安と人生の真の意味を得て貰いたいという個人的悲願から執筆しております。

BIWCC仏像彫刻通信講座
オンライン通信教育受講生募集中

霊験記(仏師、瑞雲編)
今昔物語集文語体の説話を現代語訳短編霊験談に執筆

千手観音菩薩霊験記1

奈良の薬師寺の近くに住む盲人が千手観音の御利益で両目が見えるようなった話。
 
 今は昔、奈良の薬師寺の近くに住む両目が見えない盲人がいた。
ある時、千手観音の誓願に「目の見えない人に日摩尼(にちまに)の御手をあてて見えるようにしてやろう」とあるのを知り、薬師寺の東門の所にすわり長年千手観音を念じていた。
 阿部天皇の御代の頃、二人の人がやってきて盲人に「そなたが哀れなので目を洗ってやろう」と目を治療してくれた。
 その後、盲人は見えない目がたちまち見えるようになって「きっと観音菩薩様が人に変じて助けてくださったのだ」と涙を流し喜んで尊んだと伝える。
(今昔物語巻16の23)
「日摩尼」 千手観音が左上方第1手にもっておられる宝珠のことで太陽の象徴

吉祥天霊験記1

貧乏で仲間王族のために宴会を開けない王族の女が吉祥天像に祈願し富貴になった話。
   
 今は昔、聖武天皇の御代に王族の間で順番に宴会を開く習わしがあった。さて、ここに貧乏で宴会を開けない王族の女がおり、奈良の左京にあるお堂の吉祥天像に「宴会の食膳をととのえる資材もありません。どうぞ、私を哀れんで資材をお恵みください」と祈った。
 すると、何日かして以前王族の女を養育した乳母がたくさんの宴会用の食物、食器など38人の使いの者に担がせて持ってきた。女王族は大変喜び王族を招待して宴会を開いたが、今まで以上に立派な宴会だったので、皆喜び、ある者は着ている衣裳を女に与え、ある者は銭、絹、布など贈った。女王族は「これも乳母のおかげ」と思い、もらった衣裳を乳母に与えると乳母はこの衣裳を着て帰って行った。
 その後、女王族は「天女像にお礼参り」と思い参詣すると、乳母に与えた衣裳がお像に着せてあった。不思議に思い、帰ってから乳母に尋ねたが、乳母は飲食を贈った覚えはないと答えた。これを聞いて女王族は涙ながらに「さては天女様が私をお助けくださったに違いない」と思い、いっそう吉祥天像を信仰するようになった。
 これ以後、女王族は大変富裕になり、これを聞いた人は「まことに不思議なことだ」と吉祥天像を尊んだという。
(今昔物語巻17の46)

吉祥天
富と豊饒の女神、七福神が定まる前は福禄寿にかわって七福神にも加えられた。


木曽檜材は日本の木彫(国宝、重文など)に古来より使用されてきた最高の彫刻材です。かぐわしい香りがして美しく、時代が経つほど檜の良さがでてきます。縁起の良い陽木ですから一般家庭のお仏壇用、会社事務所などの守護仏などには最適です。

七福神解説

 七福神は室町時代の末期頃、農民や漁民の民間信仰として成立しました。七福は「仁王経」の七難七福という言葉が語源とされ、七つの福徳をそれぞれの神に配しております。大黒天毘沙門天弁才天は仏教から、寿老人福禄寿布袋は中国道教、恵比寿天が神道から来ております。
七福とは定かでないが、江戸時代初期、上野寛永寺の開祖である天海僧正は徳川家康に
寿命 寿老人
有福 大黒天
人望 恵比寿神
清廉 布袋和尚
威光 毘沙門天
愛嬌 弁才天
大量 福禄寿
の七つの福徳が必要であると説いたので、家康は人心を鎮める方策として七福神信仰を採用したとされます。
 仏師 瑞雲作の仏像はユニークでかわいい表情の2頭身ですが普通の人間体型である7頭身の七福神も制作いたします。2頭身の作品は2000年頃、インスピレーションで作り始めました。最初の7体作品がまだ仕上げの時、注文された鬼子母神像を取りに来られた事業をなさっているお客様が大変気に入られ購入されました。ネットに載せたところ、それからはまるで福が舞い込んできたのか次次と注文が来るようになりました。2頭身パワーというか微笑の力か「笑う門には福来たる」と言いますが本当ですね。

仏像販売木彫・七福神画像一覧

七福神
木曽檜木地
本体丈9cm 総丈16cm 
¥328,000
瑞雲作
オリジナルたまご神7体セット

台座付き

ご利用案内仏像販売木彫

■ご注文方法  詳細はご注文方法
■お支払いについて
現金書留、郵便振込、銀行振込前払い(3%引き)、代引き、クレジットカード(表示価格)から選択出来ます。詳しくはお支払いについて
■手数料について 現金書留、銀行振込、郵便振替手数料はお客様負担。
代引き手数料は無料。
消費税について 表示価格に含みます。

■返品交換について
ご注文いただいた商品と違った商品が届きましたら交換させていただきます。詳しくは
返品・交換について
■個人情報の保護について
お客様の個人情報は、当店からのご連絡、配送のみに使用し、第三者に譲渡、漏洩しません。
■お届けについて
在庫のある商品は4日〜10日くらいで発送、ご注文品など受注後製作する商品は2週間〜一ヶ月くらいのお時間を頂きます。ご注文後に納品予定日をお知らせ致します。詳しくはお届けについて
送料について 

送料無料(5、000円以上のお買いあげ)5、000円未満のお買いあげ お客様負担 詳細は送料について
配送業者ヤマト運輸
■お問い合わせについて
常時お問い合わせを受け付けております。
[お問い合わせフォーム]
(〒289-1104)
千葉県八街市文違301−2074 
東洋仏所 松田 瑞雲
電話  043−444−6691  


特定商取引法に基づく表記
購入のポイント
 仏像は一代だけのものではありません。子孫の末七代まで祀られる尊いものですから、百年単位の基準で判断し、仏師に依頼して作り求めるものです。購入に当たっては価格の安さだけで選ばずに、良く熟考してご購入、注文しまよう。
 また、種類としては仏師(日本人か外国人)による手彫り作品、機械彫り流れ作業の大量生産品、型に流し込んだコピー像(金物、プラスチック)の3種類があります。仏教の思想「草木成仏論」からいえばお祀りするには木彫作品が良いのです。在庫のある既製品よりは、細かくデザインや使用について要望を聞いてくれる仏師に製作依頼するのがベストです。世界に一つしかない仏師による芸術作品を子孫のために残しましょう。
造仏のご利益
 また、神仏の御霊(みたま)が宿られる神聖なものですから、作品をご注文なさるお客様も、それを受けて彫刻する仏師も真剣でなければなりません。造仏の功徳は古来から今昔物語造仏功徳編にもあるように御利益は甚大なんです。
 ここに、私の工房にインターネットを見て、わざわざ遠方から飛行機で訪ねてこられ三面大黒天さまを制作依頼された方のお話をします。
 この方は大変信仰心が厚く神社仏閣への参詣も毎年欠かさない会社の社長さんです。会社をさらに大きくしたいと三面大黒天像をお祀りされる決心をされました。私も熱心な信仰の体験話などお聞きしたので、特に念を入れて彫らないとと思って彫刻させていただきまた。 お祀りされて5年、毎年売り上げが伸びて本社を移転され、また多くの支店も経営されるまでになりました。
仏像販売木彫TOP
如来
釈迦如来
阿弥陀如来
大日如来
薬師如来
その他如来
観音
聖観音
千手観音
十一面観音
その他観音
菩薩
弥勒菩薩
地蔵菩薩
普賢菩薩
文殊菩薩
虚空蔵菩薩
勢至菩薩
妙見菩薩
四菩薩
十二支守り本尊
その他菩薩
明王
不動明王
不動三尊
愛染明王
烏枢沙摩明王
その他明王
天部
梵天帝釈天
四天王
毘沙門天
吉祥天
大黒天
三面大黒天
弁才天
恵比寿天
布袋
福禄寿/寿老人
七福神
八大龍王
三宝荒神
稲荷大明神
鬼子母神
摩利支天
七面大明神
伎芸天
牛頭天王
閻魔王と十王
仁王像
阿修羅と八部衆
その他天部
垂迹
蔵王権現
その他垂迹
偉人高僧
聖徳太子
天神像・菅原道真公
弘法大師
日蓮聖人
その他高僧

Copyright 2009-2020 東洋仏所 仏師、松田瑞雲 無断転用禁止
日本製国産木彫仏像彫刻 制作販売の店